冷え症

  • 手や足が冷える
  • ほてったり、のぼせている感じがする
  • 寝起きが悪い
  • 夜寝付けない
  • 膀胱炎や頻尿がある

 

冷え症でお困りの方は

 

堺市南区のはやし整骨院にご相談ください!!

 

冷え症になってしまう原因は?

冷え症になる原因は、いくつかあります。

まず一つ目は、血の巡りが悪くなることです。

血が体の隅々まで流れていないと、手や足が冷たくなってしまいます。

これは運動不足や食べ物のバランスが悪いことが原因になります。

二つ目は、ストレスです。ストレスを感じると、体が緊張して血の巡りが悪くなります。

これも冷え症の原因の一つです。

三つ目は、寒い環境で長時間過ごすことです。

冬に外で遊んでいる時や、冷たい風に当たっていると体が冷えてしまいます。

また、エアコンの効いた部屋で長時間過ごすと、夏でも体が冷えることがあります。

四つ目は、体の調子が悪いことです。例えば、風邪をひいている時や疲れている時は体が冷えやすくなります。

 

冷え症が改善しない、冷え症が悪化する理由は?

冷え症がなかなか治らない、または悪化する理由もいくつかあります。

まず、体を動かさないことです。運動不足になると血の巡りが悪くなり、冷え症が改善しにくくなります。

また、バランスの悪い食事も冷え症を悪化させます。体に必要な栄養が足りないと、血の巡りが悪くなり、体が冷えてしまいます。

ストレスも冷え症を悪化させる大きな要因です。ストレスが多いと、体が緊張して血の巡りが悪くなります。リラックスすることが大切です。

さらに、寒い環境で過ごすことも冷え症を悪化させます。体を温める工夫をしないと、冷え症は治りにくくなります。

冷え症の治療方法は?

冷え症を治すためには、いくつかの方法があります。

  1. 体を温める
    体を温めることはとても大切です。温かいお風呂に入ったり、暖かい服を着たりしましょう。また、体を温める食べ物を食べることも効果的です。例えば、生姜やにんにく、温かいスープなどが良いです。
  2. 運動をする
    運動をすると、血の巡りが良くなります。毎日少しでも体を動かすことが大切です。散歩や軽い体操をするだけでも、効果があります。
  3. バランスの良い食事をする
    バランスの良い食事を心がけましょう。野菜や果物をたくさん食べることが大切です。また、体を温める食べ物を積極的に取り入れましょう。
  4. ストレスを減らす
    ストレスを減らすことも大切です。リラックスする時間を持ち、趣味や好きなことを楽しむようにしましょう。また、深呼吸をしてリラックスすることも効果的です。
  5. 適切な環境で過ごす
    寒い環境で長時間過ごさないようにしましょう。暖かい服を着たり、暖房を使ったりして体を温めることが大切です。また、夏でも冷えないようにエアコンの設定温度に気をつけましょう。

冷え症が治るまでの期間は?

冷え症が治るまでの期間は人によって異なります。

早い人では数週間で改善することもありますが、長い人では数ヶ月かかることもあります。

大切なのは、焦らずに続けることです。

冷え症を治すためには、日々の生活習慣を見直すことが必要です。

体を温めること、運動をすること、バランスの良い食事をすること、ストレスを減らすこと、適切な環境で過ごすことを心がけましょう。

また、冷え症がひどい場合や、自分で対処するのが難しい場合は、専門の治療院に相談することも一つの方法です。

専門の治療院では、冷え症に対する効果的な治療を行っています。

当院では生活指導に加え、自律神経調整を行う事により血流の改善が見込めます。

冷え症でお悩みの方は、ぜひ一度、堺市南区はやし整骨院にご相談ください。

冷え症を改善するためのアドバイスや治療を提供しています。一緒に冷え症を改善し、元気な体を取り戻しましょう!

 

ホームページ限定価格:2980円

執筆者:柔道整復師・鍼灸師・
あん摩マッサージ指圧師
はやし整骨院・鍼灸院 代表 林 高光

はやし整骨院・鍼灸院 代表 林 高光

私が柔道整復師の仕事に興味を持ったのは、高校生の頃のことでした。
同じく柔道整復師だった父の 「この仕事は素晴らしいよ。患者さんからの感謝の気持ちがダイレクトに伝わってきて、本当にやりがいがある」 という言葉を言われ感動した思い出があります。
父の言葉はとても重く、私もいつしか父のように、人のためになる仕事がしたい、と思うようになりました。

詳しくはこちら

おかげさまで堺市で口コミ上位に選ばれました!

地域人気上位!