慢性腰痛

  • 朝目覚めたときに腰が痛くて辛い
  • 長時間立っていると腰が痛い
  • 腰・骨盤の歪みが気になる
  • 常に腰に痛みやだるさがある
  • 腰や足に痛みや痺れがある

慢性腰痛で寝ていても起きていても辛い方

堺市南区 はやし整骨院にご来院ください!

なぜ、腰の痛みが起きるのか?

  • 自律神経機能の低下により、骨格の「ズレ」「ユガミ」「ネジレ」が出てきて腰の筋肉が過度に緊張し、筋肉の神経から腰の痛みが出ているのです。

・筋肉からくる腰痛
・骨格からくる腰痛
・内臓からくる腰痛
など様々な要因がございます。

激しい運動や重い物の持ち運びなどを行なった後は腰痛を感じることが多いように、筋肉の酷使過度の緊張は 腰痛の原因になります。

身体を支えている骨格のずれや歪みは万病の元となります。
特に背筋を通る脊椎の腰椎部に 歪みやずれが生じることで起こる腰痛は、深刻な問題となります。

また、精神的なストレスが原因になって自律神経機能が低下し腰痛を引き起こすこともあります。
ストレスが原因で起こる心因性の腰痛は、ストレスの元を断たないと回復しない性質があるため社会生活を送る上で大きな支障になってしまうのです。

ぎっくり腰
重いものを急に持ち上げた時や寝床から起き上がった時などに起こるぎっくり腰は、医学的にはいくつかの原因があると考えられています。

脊椎分離症、筋筋膜炎、椎間板ヘルニアが主な原因と言われています。

マッサージで腰痛が治らない理由

腰が痛くなってマッサージを受けに行っているけれど全然良くならない」

「腰痛があって整骨院で腰を揉んでもらっているけれど治らない…」と悩んでいませんか? 

腰痛になったり腰痛持ちの多くの方が一度は試してみたことがあるのが、マッサージや揉みほぐしではないでしょうか。

 

そんな腰痛の一般的な施術方法のマッサージですが、ただッサージで腰痛が治らなかったという方は本当に多いです。

 

せっかく腰痛を治したいと足を運んだのに、どうしてマッサージでは腰痛が治らないのか?

 

○マッサージで神経の閾値が上がる

単に言えば『神経が鈍くなってきて感覚が麻痺してくる』といった状態です。

 

腰痛を治そうと習慣的にマッサージを受けて、筋肉を押して強い刺激を与えていると、神経がその刺激に慣れてしまって神経が麻痺して感覚が鈍くなってしまいます。

 

感覚が鈍くなってくると、弱い刺激では満足できなくなるので、どんどん強いマッサージによる刺激を求めるようになります。

 

ですが満足できないからと、強いマッサージで筋肉を押していると、筋繊維を傷めてしまって部分的に断裂してしまいより硬くなって再生します。

これを筋肉の線維化と呼ぶのですが、そうなると余計に筋肉が硬くなり、血液の循環が悪くなり老廃物がうまく流されなくなることで、慢性的にいつも腰のだるさや硬さを感じるようになってしまいます。

 

つまり腰痛があるから、

①マッサージをする

神経が鈍くなる

③さらに強いマッサージしか満足できなくなる

筋繊維を痛めてしまう

⑤腰の筋肉がより硬くなって腰痛が治らない

という悪循環に陥ってしまうんです。

 

改善するにはどうすればいいの?

当院では根本施術を行います。

根本施術を行うときに最も重要視しているのが自律神経(内蔵や血管などをその時々に合わせて最適な状態に自動で調整してくれる神経)の調整です。 

様々なストレスが原因で、自律神経の働きが低下し、筋・筋膜、骨・関節、内臓、経絡(気の流れ)、頭蓋骨(脳)等がうまく機能しなくなり、回復力が低下することにより、痛みを引き起すと考えられます。

それらを調整し施術することで自律神経(根本原因)の活性化につながり、回復力を最大限に引き出し治癒に導きます。