産後の骨盤調整

  • •産後の腰痛で育児が大変
  • •産後の下半身太りが気になる
  • •股関節・恥骨の違和感、歩くと痛みがある
  • •下腹ポッコリを改善したい
  • •下半身のむくみがきになる

産後の体型の変化でお悩みの方は

堺市南区 はやし整骨院がお力になります!

産後の悩みの原因は?

産後は腰や股関節に痛みが出やすい、下半身太りになりやすい、疲れがでやすい、イライラする!大変な状態なのです。

ではこの原因は何なのでしょうか?

原因は2つあります。

それは骨盤の「歪み」と、筋肉の「緩み」です。

歪みと緩み、この2つを解決できれば腰痛や肩こりのでにくい、下半身太りになりにくい、元の体形に戻りやすい、身体が疲れにくい体質へと変わることができます!

産後の身体の状態をよくするためには、骨盤矯正がオススメです!

産後の骨盤の状態って?

出産時、リラキシンと呼ばれるホルモンが分泌され、ママの骨盤が開くことによって赤ちゃんが産道を通れるようになります。

開いた骨盤は産後しばらくすると、自然と元に戻ろうとしますが、お母さんが無理をしたり姿勢が悪いまま過ごしたりすると、戻る力が弱まることもあります。

その結果、骨盤のバランスが崩れたまま固定されてしまい、体のあらゆる面で不調が出る可能性があります。

骨盤周りに余分なお肉がついて下半身が太いままになったり、腰痛や肩こりも骨盤のゆがみが原因で起こったりする場合があります

そもそも産後に骨盤が歪むのは、出産によって骨盤が大きく開くことが原因です。歪んだ骨盤は、産後数ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通して骨盤のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなるといわれています。

また、横座りや椅子での足組み、猫背、あぐらは身体を歪める姿勢なので、産後2〜3ヶ月頃までにこういった姿勢をとっていると、さらに骨盤が歪んでしまいます。

産後、骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れて、筋肉の動きが妊娠前と変わってしまうことがあります。

また、産後は筋力が低下していて脂肪の燃焼がうまくいかないこともあるため、カロリーを多く摂取しすぎるとエネルギーが消費されずに体重が増えてしまうこともあります。

出産後に妊娠前の服が入らなくなってしまったという声がよく聞かれるのは、このためです。

産後の骨盤の歪みは、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊などの婦人科系トラブルにつながることもあります。

産後骨盤矯正を始めるベストなタイミングとは?

産後2ヵ月くらいから骨盤矯正を始めるのが最適だと言われています。

出産直後は、骨盤にかかっている負担が大きいため、骨盤自体が不安定になり、重いものを持ち上げたり腰をおろしたりすると骨盤に違和感や痛みが出てくることもあり、安静にしている方が多いです。

産後2ヵ月くらいが経過すると骨盤の状態も緩和されてきて、安全に骨盤矯正をする時期としては適した時期になります。

産後2ヵ月くらいの時期から産後6ヶ月くらいの時期での骨盤矯正が最も安全に骨盤矯正をすることができます。

骨盤がいちばんやわらかいのは、大体産後1年までと言います。
しかし、それを過ぎても骨盤矯正自体は十分行うことができます。

 

 

初めて整骨院へ通う方
はやし整骨院にお越しになる方へ
お身体の悩み&歪みの
回復キャンペーン実施中!

ホームページ限定価格:2760円