ばね指

どのようなもの?

  • 指の曲げ伸ばしが痛い
  • 手を握ったら指がひっかかて伸びない
  • 痛み止めを飲んでいるけど痛みが引かない
  • 1ヶ月以上痛みや引っかかり感が取れない
  • 手術以外の方法があるならしてみたい

ばね指でお困りの方は堺市はやし整骨院・鍼灸院にお越しください!!

ばね指って何?

指は、腱によって曲げたり伸ばしたりすることができます。指を曲げるときに使われる「屈筋腱」と呼ばれるところが浮き上がるのを防ぐ役割をもつのが「靱帯性腱鞘」です。ところが普段の生活やスポーツ等で手や指を使い過ぎると、腱や腱鞘が炎症を起こして腱鞘炎となります。さらに悪化すると腱鞘が厚くなり、指を曲げ伸ばしする際に通過障害が生じ、引っかかりを感じるようになります。引っかかりが外れるときにバネが外れるように指が伸びるため、「ばね指」または「弾発指」と呼ばれています。

ばね指は、指が伸びなくなって曲がったままになり、指がしびれる、指が痛いなどの症状がみられます。症状が進むと、指が引っかかったまま伸びなくなる、もしくは曲がらなくなることもあります。

また、指を曲げてから指が伸びずに曲がったままとなり、伸ばそうとしたときにバネのように急激に伸びることを「ばね現象」といいます。ばね指の初期症状では典型的なものとされ、さらに症状が進行すると反対側の手で補助しなければ指が伸びなくなり、無理に伸ばそうとすると激痛が走ることもあります。特に親指に多くみられ、中指や薬指にも表れる場合があります。

ばね指の原因

ばね指は手を使う人であれば誰でもなる可能性があり、日常でよくみられる病気のひとつです。ばね指の原因には、仕事やスポーツ等で手や指を使い過ぎることが考えられます。特に草取りや編み物の後、パソコン作業、またゴルフなどをやり過ぎた後に起こることが多いとされています。

また加齢も原因のひとつです。老化によって屈筋腱と腱鞘に摩擦が起きやすくなり、腱鞘炎が発生しやすくなるといわれています。日常生活において手指をよく使う45歳以上の女性に多く、妊産婦などにもみられることから、ホルモンバランスの崩れも原因として考えられています。

どうすればいいの?

ばね指の症状がみられたときに、パソコン作業などで指を使い続けると、症状がさらに進行する恐れがあります。症状が悪化すると、激痛が走る、または指が動かなくなることもあります。できるだけ手や指を使わずに過ごし、安静にするようにしましょう。また症状に気づいたら早めに当院にお越しください、適切な施術を受けるようにしましょう。

ホームページ限定価格:2980円

おかげさまで堺市で口コミ上位に選ばれました!

地域人気上位!