ヘバーデン結節

  • 指の第1関節が腫れてきて痛くて動かせない
  • 痛みのために強く握ることが困難
  • 病院で原因不明と言われてどうすればよいのか分からない
  • 日によって痛みの波があり、辛い
  • 薬の服用、湿布を貼っても痛みが改善しない

ヘバーデン結節でお悩みの方は、

ぜひ、堺市南区のはやし整骨院まで気軽にご相談ください。

ヘバーデン結節とは?

手指の関節の腫れ・痛み・しびれ・変形が第一関節に起こることを「ヘバーデン結節」といいます。

結節とは骨のコブのことで、手指の関節が腫れて痛むだけでなく、DIP関節の背側に水ぶくれのようなもの(ミューカスシスト、ガングリオン、粘液嚢腫などと呼ばれます)と呼ばれる水ぶくれが現れることもあります。

症状には個人差がありますが、関節軟骨の摩耗や関節の隙間が狭くなり徐々に骨が変形していきます。

指の動きが悪くなったり、強く握ることが困難になったりして、日常生活が困難になることがあります。

自己免疫疾患のひとつである「関節リウマチ」と症状が似ていて、一見、見分けがつきにくいのも特徴です。

 

症状は人差し指から小指にかけてのDIP関節に炎症が起こることで、赤く腫れたり、痛みに過敏になります。

そのほか、指のこわばりを感じたり、強く握ることが困難になっ たり、安静時でも痛みを感じることがあります。

また変形性が進んでくると痛みが落ち着いてくることが多いのですが、動きが悪くなったり、指がまっすぐでないことを自覚するようになります。

ヘバーデン結節の原因は?

外傷によるものを除外して、正確な原因は不明ですが、40歳以上の女性に多く発症します。

成因としては、加齢や「裁縫や刺しゅう、農業関係の手仕事に従事」といった指先の過度の使用などで起こるのではないかといわれています。

患者さんの概ね「8割が主婦」であったとの調査結果もあります。

また、へバーデン結節は中高齢の女性に多く発症することから、その背景には「更年期以降の女性に多く発生」し、特に「女性は男性の約2倍以上の確率で発症」することが分かっていることから、女性ホルモンの変調やストレスが多くかかる環境やストレスを受けやすい体質なども関係しているようです。

特にエストロゲンは腱や関節の動きを滑らかにする滑膜の腫れを取る作用があるため、閉経後にエストロゲンが急に出なくなることで、腱や関節に炎症が起こりやすくなるのではと考えられています。

また、「遺伝や環境」などといった様々な要素が複合的に組み合わさって発症するとも考えられています。

遺伝性は証明されておりませんが、母娘、姉妹間で高率に認められています。

ただし、明確に遺伝性というエビデンス(証明)には乏しいものの、これまでに母娘間、あるいは姉妹間などの家族内で多発する例が散見されているのも事実です。

それ以外の発症原因としては「外傷、甲状腺疾患、糖尿病」など各種疾患に合併して発症する場合や、特に誘因なく特発性に現れるケースも存在しています。

改善するにはどうすればいいか?

普段から手指に過度な負担をかけないようにしましょう。

第1関節に痛みがあるときは手指をできるだけ使わないようにし、安静に保ちましょう。

どうしても使う必要がある場合は、テーピングをして固定するのがおすすめです。

へバーデン結節の治療は、安静と対症療法(保存治療)が中心となります。

根本的治療は手術ですが、手術の前に、薬物療法、サポーター・テーピングでの局所の安静(固定も含む)、アイシング、運動療法、マッサージ施術などの保存治療を行います。

急性期の場合には少量の関節内ステロイド注射(トリアムシノロンなど)も有効です。

こうした保存療法をもってしても痛みが取れず、変形がひどくなり日常生活にも支障をきたす場合は、手術を検討します。

手術法には関節を固定する関節固定術、コブ結節を切除する関節形成術や傷んだDIP関節(1番指先の関節)のグラつき(不安定性)を改善させる関節固定術が一般的に行われています。

関節形成術は外観も改善しますし、関節固定は最も使いやすい位置で固定し、痛みも無くなります。膝関節や股関節などの下肢関節に対して、進行してしまった変形性関節症には、人工関節置換術が一般的に行われております。

手指に関しても最近になり開発されつつあるようですが、まだ一般的ではないようです。

腫れや熱感があれば、患部を冷やしたり、軽くマッサージを行ったり、テーピングや装具などにより関節の安静を保つ(無理をさせない)ことで痛みを軽減させることはできます。

また、痛みが強い場合は漢方や消炎鎮痛剤を飲んだり外用剤(湿布や塗り薬)を使ったりします。

へバーデン結節は多少個人差があるものの、数か月~数年のうちに痛みは落ち着くことが多いので、手術に至ったり希望される患者さんは多くありません。

ただ進行予防として炎症を早期に沈静化させることも重要で、更年期障害などのホルモンバランス変化に対するサプリメントや、体調や循環改善目的の漢方、局所の炎症を早期に改善させるステロイド注射なども一緒に検討します。

ホームページ限定価格:2980円

おかげさまで堺市で口コミ上位に選ばれました!

地域人気上位!