五十肩(肩関節周囲炎)

  • 痛くて腕が上がらない
  • 痛くて背中に手が回せない
  • 夜になるとズキズキと肩が痛んで眠れない
  • 痛くて服が着れない
  • 痛くて髪の手入れが出来ない

五十肩の痛みは堺市南区のはやし整骨院にお任せください!!

五十肩って?

五十肩(肩関節周囲炎)とは肩の関節が痛んで、関節の動きが悪くなる疾患です。四十肩と呼ばれることもあり、中高年以降、特に50歳代の方に発症する事が多い疾患です。

人によって原因や症状はさまざまですが、多くの場合、服を着る、棚の上のものを取ろうとするなど生活動作の中で肩の関節を動かしたときに激しい痛みを感じる運動痛や、夜中に肩にズキズキとした痛みを感じてひどいときには眠れないなどの夜間痛が出たりします。

年齢を重ねることで、肩の関節を作っている骨や軟骨、靭帯や腱などに炎症が起きることが主な原因だといわれています。その後炎症が治まるのに合わせて痛みも軽くなりますが、炎症によって肩の関節とその周辺がくっついてしまう(癒着)と関節の動きが悪くなることもあります。

 

どんな症状なの?

特に大きなきっかけがなく肩に痛みが発生し、その後数週間から数か月かけて徐々に、あるいは急速に痛みが増します。はじめは「なんとなく肩に違和感がある」程度であったものが、「夜寝ていて痛みで起きてしまう」などの強い症状を発することが多いです。

人によっては痛みのために1,2時間以上眠れないという状態が数か月から1年以上続くこともまれではありません。

病気が進行すると関節包に線維化(固くなること)が生じ、肩の動かせる範囲が著しく狭くなります。このために、腕が上がらない、エプロンの紐を後ろで結べない、洗顔ができない、寝返りが打てない、など多彩な症状を呈し、著しく生活の質が低下します。

 

 

どうすればいいの?

「運動療法」をメインにしたリハビリを行います。ストレッチや振り子運動は肩関節の緊張をゆるめ、痛みの緩和と、関節の可動域を広げる事を目的とします。四十肩、五十肩はどちらか一方に発症する事が多いので、痛みのない側の予防策としても日々取り入れていく事が望ましいです。

「温熱療法」は、ホットパックや、マイクロ波といった機器を使った施術がありますが、自宅では入浴や蒸しタオル温湿布などを使い温める方法があります。

ただ、温湿布は人によって皮膚かぶれを起こすことがある為、長時間同じ場所に貼る事は避け、入浴後は30分以上空けてから貼り直すことで、かぶれを防ぐことができます。
また、温湿布の薬効が残った状態で入浴するとヒリヒリすることもあるので、入浴の1時間前には剥がすようにしましょう。

四十肩、五十肩で痛みが激しく、熱を持っているような場合には、炎症を抑える「アイシング」を行います。これは氷水などを使うのですが、凍傷を起こす可能性もある為、寝ながらのアイシングはしてはいけません。寝ながらの場合は、冷湿布を使いましょう。ただ、長い時間冷やし続けてしまうと筋肉が硬くなるので、痛みが軽くなったら温湿布に切り替え血行を良くします。

ホームページ限定価格:2980円

おかげさまで堺市で口コミ上位に選ばれました!

地域人気上位!