ゴルフ肘

イラスト

  • 肘を曲げたり捻ったりすると肘の内側が痛む
  • 肘の内側を押すと痛い
  • 腕の内側に痛みやだるさがある
  • 手に力が入りにくい
  • ペットボトルのフタが開けにくい

ゴルフ肘でお悩みの方は

 

 

堺市南区のはやし整骨院にお越しください!!!

ゴルフ肘とは?

ゴルフ肘とは手首や肘を繰り返し使う動作の繰り返しによって、肘の内側にある上腕骨内側上顆という場所に炎症や小断裂による変性、骨膜炎が起きている状態を言います。

ゴルフでボールの手前を打ってしまう「ダフリ」を繰り返したり、ダウンブローを行ったりするゴルフプレーヤーに起こりやすいため、「ゴルフ肘」と呼ばれています。

テニスの上級者で、フォアハンドストロークやサーブの数が多い場合にも起こりやすいため、「内側型テニス肘(フォアハンドテニス肘)」とも呼ばれます。

ゴルフ肘の原因

手首中心でスイングをしたり、スイング時に肘と脇が離れ過ぎていたり、グリップや肘に力が入りすぎていたりすると、肘の内側に大きな負担がかかります。

その状態でゴルフを続けるとゴルフ肘になりやすいため、早期に改善する必要があります。

 

ゴルフ肘の症状とは?

ゴルフ肘の主な症状は肘の内側の痛みです。

以下の動作を行ったときに肘の内側に痛みがあれば、ゴルフ肘である可能性が高いと言えます。

・肘を曲げたり,ひねったりしたとき

・手首を曲げたり、ひねったりしたとき

・ゴルフをしたとき

・肘の内側を押したとき

・ペットボトルの蓋を開けたり、ぞうきんを絞ったりしたとき

肘の痛みの他に、腕の内側に痛みやだるさを感じたり、手に力を入れにくくなったりすることもあります。

ゴルフ肘を放って置くと…

痛みがますます強くなったり、痛みの出る頻度が高くなり、始めは使ったときや使った後だけに痛みが出ていた状態から、動かしていなくても常に痛むといった状態になってしまいます。

また、治療を開始するまでに時間が経っているほど治りにくく、治療が長期化してしまう可能性が高くなります。

重症化すると手術が必要となり、ゴルフやテニスが長い間できなくなってしまいます。

 

ゴルフ肘の治し方とは?

ゴルフ肘になってしまったら、まずは安静にすることが大切です。

初期のものであれば、安静にしていれば自然と回復することの多い疾患です。

また、肘の内側が熱をもってズキズキと痛む場合には、炎症がひどくならないうちに氷でしっかりと冷やしましょう。

当院でのゴルフ肘の治療

筋肉の緊張と痛みを取るために、手技やストレッチ鍼灸治療などをお身体の状態に合わせて行います。

必要であれば、テーピングで痛みが出る部位の動きを制限します。

また、自律神経の乱れによる自然治癒力の低下を改善するため、自律神経調節も行います。 さらに、EMSを使って筋・血流・神経の正常化を促します。

EMSでインナーマッスルを鍛えることで、全身を使った正しいスイングをしやすい状態に導き、ゴルフ肘の再発を防ぎます。

ゴルフ肘は早めの施術が大切です。 ひどくならないうちに根本的に良くしたい方、是非はやし整骨院にお越し下さい!

ホームページ限定価格:2980円

おかげさまで堺市で口コミ上位に選ばれました!

地域人気上位!