めまい

  • 周囲がグルグル回転して見える
  • めまいと同時に吐き気がしてがつらい
  • 頭がふらふらして立てない
  • 頭が揺れた感じがする
  • いくつも病院で検査をしたが異常なしと言われた

めまいでお困りの方は是非当院へ!!

めまいはなぜ起こるのか!?

耳からくるめまい

耳からくるめまいとは耳にある三半規管という平衡感覚をつかさどる神経が障害されて起こる場合が多いです。平衡感覚が上手く取れないのでグルグルと回転する「回転性のめまい」が特徴で、代表的な疾患だとメニエール病などがあげられます。また、めまいと一緒に耳鳴りなどが症状として出ることもあります。
このような場合では、病院での検査をしっかりと受ける必要があります。

首からくるめまい

首の筋肉の緊張が強く、特に筋緊張の左右差が多い人に起こりやすい言われています。
首からくるめまいの多くは非回転性のもので、ふらつき感がを訴える方が多いです。
また、筋緊張が強いことから、肩こりや首こり、頭痛などの症状も同時に出ている場合も多いです。

自律神経失調症からくるめまい

自律神経は、血管や内臓などの働きをコントロールする神経であります。自律神経は、私たちが無意識の内に働く神経であり、呼吸、血液循環、体温調節、消化、排泄、生殖、免疫といった人が生きていくために欠かせないものでもあります。

私たちは仕事、人間関係、家庭など現代人は様々なストレスを抱えて生活しています。これらのストレスは、人間の体をバランスを整える「自律神経」の乱れを起こしてしまいます。

ストレスを取り除いたり、自律神経のバランスを整える治療が重要になってきます。

 

自律神経が乱れるとめまいは起きやすい。

体中の様々な機能をコントロールしている自律神経はその働きが乱れると多様な症状を引き起こします。例としては不眠、イライラ、循環の低下、食欲不振、倦怠感など日常生活に支障をきたすような症状が起こりやすくなります。
これらの症状が重なったり、強くなるとめまいや吐き気がおこります。もともとめまいのある方はめまいがでやすくなります。
よって自律神経の乱れを整えるのもめまいの早期回復に重要となります。頸椎、骨盤回りにアプローチすることで自律神経を整えることが可能ですのでめまいを治される方は合わせてご相談ください。

めまいを早期に治すために

施術と並行して下記事項を日常的に行っていただくことでめまいの症状の早期回復が見込めます。また施術後もこれらを習慣づけていただくことでめまいはもちろん、循環不全や首や肩の痛みの予防にもなります。

・体内の循環を良くするために水分補給をしっかり行ってください。コップ一杯の白湯を間隔を空けて一日三回ほど飲んでいただくと効果的です。飲むのを忘れてしまうようなら毎食後などがおすすめです。コーヒー、緑茶やお酒など利尿作用が強い飲み物が多い方は水分不足になりやすいので量を控えて頂き、しっかりお白湯を飲んでください。

・仕事や家事などで首を同一方向に向けたままでいると関節の負担が増え関節機能が低下しやすくなります。30分に一度は首や肩を大きくゆっくりまわして頂き関節の負担を減らしてください。
*首のストレッチをして気分が悪くなる方は無理をせず肩を回して頂く程度にしておいてください。

・アルコール、たばこは量が多いと体にストレスとなり循環を悪くしてしまうので出来るだけ控えていただくか量を減らしてください。

・入浴はできるだけ習慣的に湯船に浸かるようにしてください。時間帯も朝起きてからではなく就寝前の方が疲れも取れやすくなります。温度が高すぎると神経が興奮してしまい寝つきが悪くなるのでので少しぬるめの湯加減で15分以上は使って体の中を温めていただくと効果的です。
*炎症症状がある方は入浴で症状が辛くなります。炎症があり入浴を禁止 した方がよい場合は施術時、担当の先生から説明させて頂きます。

・体調が良い時は15分~30分ほどのウォーキングも有効です。無理のないペースで大きく腕を前後に振って歩行すると肩回りのストレッチにもなります。そして適度な運動はストレスを軽減してくれます。

ホームページ限定価格:2980円

おかげさまで堺市で口コミ上位に選ばれました!

地域人気上位!